かつてないほどPythonが人気だ。最近のプログラミング言語をあまり知らないという“おじさん”のために、人気の理由や基本的な特徴を分かりや?#24037;?#35299;説しよう。

 ソフト開発にプログラミング言語のPython(パイソン)を採用?#24037;毳姍`ザー企業が増えている。では、各社はいったい何に使っているのか。これを明らかに?#24037;毪郡幛恕?#20197;下では眼鏡販売大手のジンズ、タイヤ世界シェア1位のブリヂス?#21435;螭?#20107;例からPythonの使いどころを取り上げる。一言でいえ?#23567;ythonはもはや常識だが、適用領域は限定的というものだ。

 簡単におさらい?#24037;毪取ythonには大きく2つの特徴がある。?#24037;勝銫痢窤I(人工知能)を使ったソフトの開発に向く」「データ分析で豊富なライブラリーを使える?#24037;?つだ。ジンズ?#21435;芝轔樓攻去螭扦?#37325;視したポイントこそ異なるが、基本的にこれら2つの特徴を評価してPythonを採用した。

 ただPythonは実行速度が遅いし、急速に利用が拡大してから日が浅い。Pythonを採用?#24037;?#20225;業は適材適所を見極めて、最も威力を発揮?#24037;?#29992;途で使うようにしているのが一般的だ。

ジンズの新型店舗はPythonで開発したAIが支える

 「あなたの眼鏡の似合い度は84%です」――。眼鏡フレームが似合っているかどうかをAIが教えてくれる鏡が、JR上野駅構内に登場した。眼鏡販売大手のジンズが2019年1月にオープンした、「JINS BRAIN Lab.エキュート上野店?#24037;饋¥長?#37857;の中核を成すシステムは、Pythonを使って開発している。

JINS BRAIN Lab.エキュート上野店の店頭にある鏡
(出所:ジンズ)

 眼鏡フレームの似合い度は「JINS BRAIN?#24037;?#21628;ぶ、ジンズが独自開発したAIで判定?#24037;搿?016年11月にリリー?#24037;貳?#25913;良を続けている。もともとはオンラインショップで眼鏡フレームのリコメンド(お薦め)を提示?#24037;毪郡幛?#38283;発した。同社のオンラインショップでは、顔写真に眼鏡フレームを重ね合わせる仮想的な試着サービ?#24037;?#25552;供している。このサービ?#24037;?#21033;用した際、JINS BRAINが似合い度を示してフレーム選びのヒントを提示?#24037;搿?

 JINS BRAINの開発にPythonを採用したのは、?#23500;?#20687;から似合い度を推定?#24037;階Iモデルを構築?#24037;毪韋恕?#28145;層学習ライブラリーのTensorFlow(テンソルフロー)を使う」(同社IT経営改革室ITガバナン?#25925;窯?#20304;藤拓磨氏)ためだった。TensorFlowは米グーグル(Google)が開発して公開した、深層学習の複雑な処理を簡単に呼び出せるツールである。

ジンズのIT経営改革室ITガバナン?#25925;窯?#20304;藤拓磨氏(左)と同MEME事業部デジタル事業部デジタルコミュニ?#26292;`ショングループの冨田翔太氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 佐藤氏は「TensorFlowを使うと決めた時点で、必然的にPythonを採用?#24037;毪長趣摔勝盲俊工日瘠?#36820;る。TensorFlowを操作?#24037;毳抓恁哎楗攛螗?#35328;語としてはPythonが最も実績があり、ノウハウも多い。また、TensorFlowは複数のプログラミング言語で操作できるが、安定的な動作を約束しているのはPythonだけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら