中国の影響力がかつてないほと高まっている。中国の景気減速が世界経済に打撃を与えたのは、その象徴だ。日本の製造業も中国市場の変調のあおりを受け、2019年度の業績を下方修正?#24037;?#20225;業が相次いでいる。

 最近では中国の人口?市場のインパクトに加え、技術力の向上も著しい。フィンテックや?#20379;`パーコンピューターなどのIT(情報技術)分野や、5G(第5世代移動通信システム)に代表される通信分野で、世界をリード?#24037;毪郅嗓?#39640;い技術力を有?#24037;搿?/p>

 さらに、日本がお家芸としてきた家電分野でも競争力を発揮?#24037;毪瑜Δ摔勝盲皮俊?#20363;え?#23567;?#33258;動運転車に使われる最新技術を搭載した最先端のロ?#22528;氓?#25475;除機を、3万円程度という手ごろな価格で売り出?#24037;勝傘ⅴ償攻去靴榨┅`マン?#24037;?#19990;界をリード?#24037;搿?/p>

 では、機器の心臓となる「半導体?#24037;洹?#20154;と機器のインターフェー?#24037;?#25285;う「液晶?#24037;趣い盲俊?#25216;術力の根幹ともいえるハイテク部品の技術力はどうなのか。その実力を調べていく?#21462;?#34909;撃の事実が見えてくる。