「VMware Cloud(TM) on AWS?#24037;?#25552;供を開始

?三井不動産レジデンシャルのオンプレミス環境からの移行PoCを支援?

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン?ロバー?#21435;漸螅─?#25552;供?#24037;毳楗Ε喪抓楗氓去榨┅`ム「VMware Cloud on AWS?#24037;?月13日から提供開始します。先行して、三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:藤林 清隆、以下 三井不動産レジデンシャル)におけるオンプレミス環境から「VMware Cloud on AWS?#24037;丐?#31227;行に際してPoC(効果検証)を支援しています。

?#20445;?#27010;要

 「VMware Cloud on AWS?#24037;稀WSのベアメタルクラウド上で稼働?#24037;隫Mwareソフ?#21435;ΕДⅴ侃`?#24037;違楗Ε喪旦`ビ?#24037;扦埂Mwareで構成されているオンプレミス環境とAWS環境をシームレ?#24037;?#36899;結し、ワークロードの相互移行や、AWSの先進技術との連携を容易に実現できます。

 SCSKは、「VMwareソリューションプロバイダ?#24037;瑜印竀Mwareクラウドプロバイダ」両パー?#21435;施`プログラムにおける最上?#20114;雪`?#21435;施`であり、AWS日本進出当初からのコンサルティングパー?#21435;施`でもあります。VMware、AWSを活用した多数の移行導入?運用実績をもつSCSKが、「VMware Cloud on AWSマネージドサービ?#25915;抓恁嘯ぅ擴`?#24037;趣筏啤ⅳ?#23458;様のクラウド活用を支援します。

2.「VMware Cloud on AWS?#24037;齲櫻茫櫻?

 SCSKは、VMware 製品の仮想化基盤を使用し、広くお客様に利用いただいているクラウドサービス「USiZE(ユーサイ?#28023;━伐Дⅸ`ドモデル?#24037;違哎愆`バルリージョン拡張?#21462;ⅳ蓼駿螗抓欹攛?#29872;境を安心して迅速にクラウド移行を実現していただくことを目的に、「VMware Cloud on AWS?#24037;韋?#23458;様への提供を検討し、いち早く技術者育成と体制を準備してきました。

3.三井不動産レジデンシャルにおけるPoCの背景と概要

 三井不動産レジデンシャルでは、2020年度内を目標に、自社シ?#25915;匹啶違螗抓欹攛?#25764;廃およびクラウド化を推進しており、SCSKはPoCテ?#25915;趣?#23455;施、および技術支援を行っています。

 オンプレミス環境からクラウド環境への移行にあたっては、構成変更や運用変更の膨大?#20351;?#25968;が見込まれ、移行期間中のため、インフラおよび運用について、オンプレミ?#24037;華WSとで二重のコ?#25915;趣?#30330;生している状況でした。その解決手段として、AWSクラウドに移行後も、既存のオンプレミス環境で使用しているVMware社の仮想化基盤が利用できる「VMware Cloud on AWS?#24037;?#21033;用を検討?#24037;毪長趣趣勝轆蓼筏俊?

【PoC実施に至ったポイン?#21462;?

 (1)オンプレミ?#24037;楗楗Ε嗓丐違欹ぅ?(L2)延伸が可能

 (2)VMware vSphere(R) vMotion(R)/レプリケーションでのクラウドへの移行が可能

 (3)既存のAWS環境との連携やAWSサービ?#24037;?#21033;用が容易

 PoCは、「VMware Cloud on AWS?#24037;?#31859;国(オレゴンリージョン)で実施しました。その結果、移行時の安全性に問題ないこ?#21462;ⅳ長欷蓼扦蜼Mware環境と同等機能を持つこ?#21462;?#19968;移行先として利用可能であることを確認し、「VMware Cloud on AWS?#24037;稀ⅴ螗抓欹攛?#29872;境からの移行先として十分利用可能であるとの結論に至りました。現在は、日本(東京リージョン)でのPoCを実施しており、2019年中の移行開始を予定しています。

■ヴイエムウェア様からのエンドー?#25915;幞螗?

 ヴイエムウェア株式会社は、SCSK株式会社がマネージドサービ?#25915;抓恁嘯ぅ擴`として「VMware Cloud on AWS?#24037;?#25552;供開始?#24037;毪長趣?#22823;変嬉しく思います。

 「VMware Cloud on AWS?#24037;稀Mwareのテクノロジーを採用した環境の容易な移行と拡張を実現し、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド?#20301;?#29992;を加速させます。

 今回のPoC検証も含め、VMware製品による環境とAWSのクラウドサービ?#24037;?#20001;方をご利用のお客様は、「VMware Cloud on AWS?#24037;丐違琺`ムレ?#24037;?#31227;行を実現し、ネイティブなAWSのサービ?#24037;?#21547;めたマルチクラウド環境を利用?#24037;毪長趣?#21487;能になります。

 ヴイエムウェアは、今後もSCSKとともに我々のハイブリッドおよびマルチクラウド戦略を推進し、お客様のデジタル?#21435;楗螗攻榨┅`メーションを支援してまいります。

 ヴイエムウェア株式会社

 ソリューションビジネス本部 本部長

 小林 泰子

 ※掲載されている製品名、会社名、サービス名は?#24037;伽?#21508;社の商標または登録商標です。